火災警報器の設計から施工までを行います。
感知器を用いて、火災による熱や煙を検知し、建物内に報知することにより、避難や初期消火活動を促すための設備です。

2006年6月の消防法改正により新築住宅への設置が義務付けられました。
既存の住宅についても2011年6月までに取付が義務付けられています。

住宅火災による煙または熱をいち早く感知し、火災の発生を警報器や音声で知らせてくれる警報器を設置することにより、万が一火災が発生した場合でも、素早く避難ができるようになります。
それぞれ、壁にかけるタイプと天井へ取り付けるタイプがあります。




原則として、寝室および寝室がある階(寝室が避難階となる階にある場合は除く)の階段には設置しなくてはなりません。

台所にも煙式の火災報知器の設置をおすすめします。
台所は、住宅用火災警報器の設置義務の対象になっていない場合がありますが、万が一の事を考慮し、台所にも煙式の火災報知器の取付けをおすすめします。

※各市町村の火災予防条例により、台所や居室などに取付けが義務付けられている場合があります。詳細については、お近くの消防署にご確認下さい。

copyright(c) YF engineering All right reserved.