地上デジタルテレビ放送は2006年12月までに全国都道府県庁所在地で放送が開始されており、その後放送エリアを拡大しています。2011年7月24日すべての地上放送は、アナログからデジタルになり、地上アナログテレビ放送は終了します。
地上デジタルテレビ放送は、従来のアナログ方式と比べて、ゴーストや雑音のない映像と音声を受信することができる新たな放送です。

地上デジタルテレビの放送は、地上デジタル用アンテナを設置することにより受信できます。
場合によって、古くなった壁面の直列ユニット(テレビ端子)を新しい物に交換したり、古くなったブースター(増幅器)・分配器を新しい物に交換する必要があります。

※建物の構造や立地条件によって変わる場合があります。

集合住宅の資産価値も高まり、入居者アップが期待されます。
各戸でのアンテナ工事は不要です。

お客様からのお問い合わせ後、担当者からご連絡させていただきます。
お客様立会のもと、配線工事が必要となるものや、アンテナ設置などは現地調査させていただく必要があります。
配線経路や必要部材の選定後、お見積書を発行させていただきます。
お見積書の内容をご確認していただきご連絡頂いた後、正式な発注となります。
お客様と工事日程の調整をした後、工事の施工をさせて頂きます。

copyright(c) YF engineering All right reserved.